2005年07月26日

写真を撮るのが好きなのは父の影響?

いつの頃から写真を撮り始めたかわからないが、確かに中学の時だったと思うが・・・
全国からのガールスカウト団体が静岡県内の3校の中学生徒を招待され、(私も含めて)一緒に活動したことがあった。手(グー)
場所は長野県。(TV取材で「おーい、太陽っ子」だったと思うが全国版に放映された)
その時父のカメラを持ち出して撮ったのがきっかけ。手(グー)
最初はピントが合わずほとんどがビンポケ。ふらふら
それ以来、時々父のカメラでトラジマ猫(昔飼っていた猫)などを撮ったりしていた。
18歳の時一人で鎌倉へ行き色々な所を撮った。(鶴岡神社や鎌倉大仏など)電車バス
父がそれを見てコンパクトカメラを買ってくれた。ミノルタというメーカー。カメラ
色々なものを撮りまくった。カメラカメラカメラ
それで本格的な一眼レフカメラで使いたくなってきた。
その頃は結婚が決まり、あと1ヶ月結婚式が迫っていた時、駅の近くのカメラ店で買うことになった。二人で一緒に月払いすることにした。
その頃はまだオートEプログラムが導入したばかりで本当に高価だった。メーカーはキャノン。カメラカメラカメラ
新婚旅行や友人と京都旅行や主人が空手の試合に出たときや息子が生まれたときなどたくさん取り捲った。望遠レンズも買った。(300M〜800Mズーム)
使いすぎてしまったのか?わからないが、中にあるミラーレンズが取れてしまい修理を出したのである。修理代が馬鹿にかかってしまった。また、ボディカバーもボロボロ・・・ミラーレンズがまた取れてしまい。、傷がついてしまった。がく〜(落胆した顔)ふらふら
もう使い物になれず、今大事にしまっている。
一眼レフカメラを使ってからあのポケットカメラが使わなくなった。それで父が欲しいと言ってきたので父に譲った。
(父の愛用カメラが壊れてしまったため、父が旅行のときによく使っていた。)
本当に懐かしい!一部の写真が後日に公開したいと思っている。
posted by ロミ at 00:45| 静岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、やまちゃんです。
毎年、夏になると小学生の時、夏休みに毎日見ていた「おーい、太陽っ子」を思い出します。もうすっかり、秋というか初冬なのですが、何気なく「おーい、太陽っ子」で検索しましたら、このブログに辿りつきました。
OPのテーマ曲の歌詞「見たことのない友達に声かけようか!♪」に影響されて、夏休みに親戚がいる新潟県に行った折に、海で出会った同齢の女の子を思い出します。自分にもっと自信があれば、もっといろいろ話をして、自分の人生に生かせたのではと悔まれます。「おーい、太陽っ子」を見ていて、自分の生活している街の外ではいろいろな子供がいて、ざまざまな夢に向かって頑張っているんだなぁと感じたことを憶えています。ロミさんは当時、中学生だったということで、自分よりお姉さんだったのですね。ガールスカウトのお姉さんが眩しかった記憶がかすかにあります。「東映まんがまつり」のアニメの見すぎか、男の子は女の子には優しく、そして危機的状況には強くならねばならないと感じはじめていました。自分には女性の姉妹はいませんから、年上のお姉さんへの憧れもあったのでしょう。OPもCD化されているようなので、フルコーラス聞いてみたいと考えています。
Posted by やまちゃん at 2006年11月08日 18:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。